担降りしたいファン99%が持つ3つの共通点

g4g2

担降りしたいファンの中には、すでにいろいろな気持ちを抱えているひとが多いものです。

これは当然のこと。

そのような人達にはある共通点があり、降りるかどうかについて真剣に迷っています。

そしてその共通点はとても真剣なものなのです。

1.お金に関する悩み

gaew

ひとつはお金に関する悩みです。

趣味の中でもアイドルを推す事はお金がかかる趣味でもあります。

公演に行きファンレターやプレゼントを贈ったり、そもそも遠方まで行くのなら交通費も馬鹿になりません。また、頻繁にコンサートが行なわれるグループだと限定グッズにも頻繁にお金がかかってきます。

もし、少しでもいい役になったら何度でも見に行きたくて公演のチケットを大量に買ってしまったり、グッズを「観賞用と保存用と布教用で分ける」ということもします。

このようなお金のかけ方は当然個々の自由なのですが、ジャニーズファンにもなれば時にファン同士でのライバル争いなども起こります。

この時にはより多くのファングッズを持っていたり、より多くのプレゼントを贈るという行動に出ることもあるでしょう。

そして、
こういうことに疲れた時、ふと「担降りしたい」と思うのです。

お金は明確で、数字に表れるので気がかりも多いものです。収入の一定以上をつぎ込んでしまった、貯金が減ってきたなどの理由から、担降りを考える人も少なくありません。

2.気持ちの変化

shutterstock_170968460

次に、好きなアイドルへの気持ちの変化です。

例えば、特定のアイドルを好きになったとしても、途中で他のアイドルに目が行ったり、メンバーに魅力を感じることは多いでしょう。

その時、他アイドルへの気持ちをどうするか考えてしまうものです。

中には卒業することや掛け持ちすることなどを考えることもあり、その時に「同担無理」な人からの目を気にする場合もあります。

その一方で、すでに応援しているアイドルへの気持ちが何となく薄れてきた、という人もいます。

中にはメンバーが犯罪をしたりキス写真や恋人の存在が発覚して、ファンをやめる人もいます。このようにして冷める場合はかなり多く、担降りのいい理由になります。

とはいえ、気持ちが何となく冷めてきているというのは細かいところが引っかかっているということですから、よく考えましょう。

3.知り合いの目

友人の目も気にするでしょう。

例えば、
メンバーに犯罪や恋人の存在が発覚したとしましょう。このような場合、同担の中にそういうのを気にしないで続ける人や、より一層力を入れる人が近くにいれば、その人の目を気にすることもあるでしょう。

また、掛け持ちする場合は同担無理な人との関係、一途に押す人との関係が変わることもあります。このため、友達の顔ぶれが変わることもありますね。

さらに担当が変わった事で雰囲気が変わることもあります。

この場合、担当は好きだけれどファンが過激な人ばかりでついていけないとか、ファンはいるけれど交流がめったになくて寂しい、などの意見もあります。ファンの数がそもそも少ない場合も、これに当てはまってくるでしょう。

友人の目や友人の数も大事なことです。また、そこからトラブルになるとやめてしまいたいと思う人もかなり多くなります。この場合、アイドルのファンすらやめてしまう人も多いのです。

このような場合、卒業するときにはもういらないグッズや余ったグッズなどはSNSで良くやり取りがなされます。他のファンを押す場合もこのようにしてグッズを処分し、そのお金で新しいアイドルのグッズを購入するのです。また、同担が無理な人などのためにあえて姿を消したりすることもあります。そのような細やかな気遣いはアイドルを応援するために必要になってくるようですね。

ただ、どうしても迷うのならば両方のファンになるという掛け持ちもありです。また、出費が増えるのならば応援できる範囲で応援したり、出費をあまり増やさないように買うものを工夫するなどの方法で安くできる場合もあります。

そうなった時の対処方法

もしこのような状況になってしまった場合、「担当の掛け持ち」という選択肢を取りましょう。

それでも仲良いファン同士の交流が失われてしまう場合は止むなく「担降り」する選択肢もありです。

下記に担降りに関する記事がありますので、参考にしてみてください。あなたにとって良い環境を築けますように♪

担降りの88%が取る行動について

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*