ジャニヲタなら絶対知っておきたい「ヤラカシ」の意味とは

gge

 

ヤラカシの意味とは…

ジャニーズファンの中で最も怖い存在とされているのが「ヤラカシ」と呼ばれるファンです。ヤラカシとは、ジャニタレのプライベートまで追っかけをするようなストーカー行為をする人のことで、文字通りやらかしています。ファンの中には同じファンとして扱わないで欲しいと、いきすぎた行為に強い拒絶を示す人もいます。

ヤラカシの主な内容

ヤラカシは今までも多くのジャニタレに怖い体験をさせ、さまざまな芸能活動を邪魔してきました。
例えば、現在は嵐として人気の櫻井翔は、ジャニーズJr時代にヤラカシから逃れるために一時期ホテル暮らしを強いられていました。あまりにもしつこく追い掛け回すので、怒って傘を投げたことから一部であだ名が「傘」になるなど、好感度にも傷がつく結果となっていました。
同じ嵐の二宮和也と相葉雅紀は、そのような人たちに対しては、大声で逃げるしかないとファンとジャニタレの関係を崩さない最低限の方法を語っています。

平成処女軍団の存在

個人ではなくグループを狙う場合もあります。その中で有名なのが「平成処女軍団」です。

過去にはHey! Say! JUMPの私物を盗んだり、メンバーを脅迫したりした経験もあり、それ以外にも数えきれないほど、ジャニタレにとって怖い行動をしてきました。また、時には他のグループを応援する善良なファンを脅すなど、その汚名度合いは知れ渡っています。

スペオキの存在

上記のようにジャニーズファンには過激な人もいて様々な用語がありますが、ジャニーズ用語の中には「スペオキ」というものもあります。これはファンとは関係のない用語で、ジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川がお気に入りのジャニタレの事を指します。

スペオキには共通点があり、黒目がちの子犬顔や眉が太く目力のある濃い顔です。黒目がち子犬系はKinKi Kidsの堂本剛やタッキーが代表的で、濃い顔は今井翼や嵐の松本潤、Sexy zoneの佐藤勝利などが当てはまります。

スペオキでないと発言も厳しいとされ、V6の井ノ原俊彦は「誰が雑誌に出て良いと言ったの」と言われたエピソードを話しています。

一方で、同じくスペオキに入っていない関ジャニの村上信五は「根性あるよ」と褒めてくれたと話したことがあり、ジャニー喜多川は相手によって傷つかないラインの発言をするのを得意としています。

競馬で稼ぐ.net | 馬券の還元率を知っていると良いこと
競馬で稼ぐ.net | 競馬で稼げない人の大きな理由第1位
競馬で稼ぐ.net | 馬券の平均配当一覧

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*