ジャニーズの担降りする前に最終確認したい3つの項目

スクリーンショット 2016-06-14 3.27.59

ジャニーズのファンになると、現実世界を忘れて夢中になってきます。

また、その中で推しのメンバー(自担)ができると、さらに応援したくなってしまいますよね。ですが、そういうときでもふとした拍子に担降りしようかなと思うときがあるんです。そういうときに、後で後悔しないための最終確認の方法を3つを紹介します。

1.担降り先の安全性

担当を降りて、次の人を応援しようとしたときに心配なのは、担降り先のファンの行動です。

もともとマナーの悪いファンの担当から移るのなら問題はありませんが、大人しいファンに囲まれていた人がいきなり熱狂的なファンの中に入っていこうとするとすぐに追い出されてしまいます。

中には、応援しているはずのアイドルに暴言を吐く人や、ルールを無視した行動をとって周りに迷惑をかけるファンもいます。もし、周りに知り合いなどがいたら事前に情報収集しておくと良いでしょう。

安全に楽しく応援するためにも、ファン同士の関係は非常に重要なポイントになってきます。

2.掛け持ちの選択

ただ一人の人だけを熱烈に応援している人からしたら邪道と言われるかもしれませんが、担当を「掛け持ち」するという方法もあります。

掛け持ちをすれば今までの自担を卒業しなくて済むので、その分未練がなくなります。

やはり、一度好きになった人はなかなか離れられないものなので、すぐに担降りしようと考えてもできるものではありません。それでも、時間の流れと共に他に好きなグループやメンバーが出てくるのも事実です。

一度に二人の人を応援するのは大変ですが、より時間をつぎ込んだ方、お金を使った方の担当を名乗れば、自然と担降りすることができます。しかし、掛け持ちしていることがバレると、一部のジャニーズファンの人から袋叩きにされる可能性があるので、あくまでも一人の人の担当を名乗りながらより魅力を感じる方を選ぶと良いのではないでしょうか。

3.グッズの処分

自担を卒業する際に、困ってくるのは今まで散々集めた担当の余ったグッズの処分方法です。

お金をつぎ込んだ分、タダでは譲りたくはありませんよね。ですが、当然中古品は定価では売れません。

しかし、女性ユーザー中心にジャニーズグッズの売買が人気なフリマアプリ「フリル(iOS/And)」やジャニヲタ歴12年スタッフがいる専門店ジョニヤードの無料査定なら正しい値段を付けてくれる事があります。これらを活用するのが良いでしょう。

その際、ジャニーズグッズは大変人気があるため転売する人が必ず出てきます。ですので、きちんとヲタ卒ということを明記し、適正な値段で売るようにしましょう。また、ジャニーズファンくらいに大規模になると、SNSなどで譲渡の募集をかければすぐに欲しいと言ってくる人が現れるでしょう。しかし、その際は多くの場合手渡しになるので、自己責任で行ってください。

結論

担降りはファンにとってはなかなか決心がつきませんが、自分にメリットがないとわかったらよく考えてみる必要があります。

また、後になって未練が湧かないように、余ったグッズの処分は思い立ったら早めにすることが大切です。コンサートやイベントグッズなど、大量にお金を使っている分、慎重に考える必要があります。

本当にこのまま辞めてよいのか、辞めて後悔しないかは、最終的には自分の判断になるので、未練の残らない卒業をしましょう。

どうしても断ち切れないという人は、万が一数年後かに再び担当になったときのために、グッズを数点残しておくとよいでしょう。また、すぐに忘れられるように担降り先を考えておくのも良いでしょう。その場合、先ほども述べたようにファン同士のつながり方は非常に重要です。あとは、ジャニヲタ自体を卒業するという手もあります。

いずれにせよ、担当のために、なにより自分のために、担降り後のことをよく確認して最善の決断をするのが大切です。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*