「平成ジャンプ担降りできない…。」そんな時の選択肢

g24

、ジャニーズの若手人気とグループ「Hey! Say! JUMP(平成ジャンプ)」のメンバーは、20代前半のメンバー中心に若いメンバーが多いので歴史が浅いグループに思われがちですが、結成は平成7年で、こつこつとファンと共に歩んできた息の長いグループです。

個性派多いメンバー構成

中でもHey! Say!7のメンバーである山田涼介、知念侑李、中島裕翔は映画出演など俳優業でも活躍が目立ち、人気も絶大です。山田は個性がばらばらなメンバーを生かすMCで、冷静でありつつおもしろくまとめてくれるリーダー的存在です。

活動当初は苦戦

グループ設立当時は人気がなかなか出なかったり、メンバーの喫煙問題などで存続が危ぶまれる危機もありましたが、地道に活動を続けてきました。彼らのファンが担降り出来ないのは、彼らとともに苦難の時期を乗り越えてきたという自負がファンに根強くあるからといえます。

Hey! Say!7にはもう一人岡本圭人もいます。父親が元男闘呼組の岡本健一ということで親子二代で応援しているファンも多いです。

Hey! Say! BESTの5人

Hey! Say! BESTは、伊野尾慧、有岡大貴、薮宏太、高木雄也、八乙女光の5人です。

お笑い担当の伊野尾をはじめとしたこの5人は年齢は先の4人より少し高めですが、平成ジャンプのファンが何より喜ぶ仲良し感を支えるこの5人の存在は重要です。

誰かがぼけるとさらに他のメンバーがぼけを重ね、最後に山田の突っ込みが入るまで延々と仲の良さがにじみ出る明るいトークが続きます。

4yyyy2

多方面で活躍している

俳優業での活躍も目立つ正統派アイドルらしいメンバーとジャニーズらしいお笑もできるアイドルメンバーが絶妙に混ざりあって、他のジャニーズグループにはない魅力を作り出している彼らを、平成ジャンプ担当のファンは長く支えてきました。

彼らの人気は決して一時的な輝きではなく、これからも進化し続けるであろう期待を感じさせてくれます。他にもジャニーズ若手グループはたくさんありますが、彼らほど個性的なメンバーがバランス良く集まっているグループは珍しいです。

自分も一緒に楽しい仲間といるような感覚を味あわせてくれる平成ジャンプはこれからも期待大です。

担降り先が決まらない時

担当の「掛け持ち」という選択肢を取っていきましょう。

それは、人間として当然であり大切な事ですから、担当になった時の「好き」という気持ちを忘れてしまう事はありません。「担降りをしない」という選択肢も必要なのです。

shutterstock_222527371

現にジャニーズファンの75%以上は担降りせずに担当を掛け持ちしているというデータだってあります。

他にも好きなジャニーズができたなら担当を2つ持つという事も良いと思います。周りが反対しようが、ファンに制限される事はありません。新しい担当のファン仲間ができる可能性だってあるワケです。

しかし、担降りしないで掛け持ちをするという事は、ひとつ忘れてはいけない事柄が挙げられます。

それは、

「お金がかかる」

ということ。

担当を掛け持ちする事は悪い事ではありません。しかし掛け持ちするうえでは、自身の生活を削ってまでファンであり続ける事もありません。担当1人に100%注ぎ込んできたのであれば、2人なら50%ずつの力を注ぎ込めれば良いのです。

つまり、余ったグッズ等を少しでもお金に替える事で、次の担当の掛け持ち先でもしっかりと良い応援ができると思うのです。

担降りしたらジャニヤード

【グッズ買取価格一覧】

買取強化グッズ 買取価格
Hey!Say!JUMP メンバー 公式写真 無料見積受付中
Hey!Say!JUMP DVD LIVE TOUR 2014 smart 初回盤 高価買取中
Hey!Say!JUMPグッズ全般 高価買取中

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*